NEST GRAPHICS WEB SITE maillinkmail

111023_1.jpg
唐人町にある大正6年築の油屋さんの跡に、町家の雰囲気をそのまま残したカフェがオープン。
お知り合いの方がオーナーなので挨拶も兼ねて出かけてきました。
元油屋さんということで火事になっても延焼しないように作られた
高い煉瓦の壁が特徴のこの建物。長い間閉ざされてそのままになっていました。
唐人町のこの通りは古くからの建物が残る場所で、オーナーがなんとかここを活かしたいと
この物件の持ち主の方に交渉、地域おこしをしている建築家の方々を巻き込んで、
熊本のこだわった食べ物や器を扱うカフェに仕立てたそうです。
間口が広く開いた気持ちの良いところでした。(河)

※先日惜しまれつつ閉店した「ひさや」さんがお手伝いに入られています。
ひさやでも出ていた、桜丼が食べられます!

器季家カフェ
熊本市西唐人町10(唐人町通り出田眼科前)
tel/096-288-2011
open/10:00-18:00
 
2011.10.23 20:11 | 日記 | コメント(2) |