NEST GRAPHICS WEB SITE maillinkmail

100613_1.jpg
はやぶさが7年の年月を経て無事地球へ帰ってきました。
USTREAMのLiveをじっと眺めてその瞬間を待ってました。

2003年の打ち上げ前「星の王子様に会いにいきませんか」という企画があり、
はやぶさ(当時はミューゼスCと呼ばれていた)が目的地の小惑星(地球と火星の間にある)に到着後、
その星に調査用として打ち込むターゲットマーカーに名前を記載するというもので、
ウチの家族の名前を申し込み受理されて打ち上げられているのです。
約3億km(月までの距離の750倍!)の彼方に、家族の名前が記載されたものが
浮かんでいるのを考えると不思議な気持ちになります。

宇宙のことをいろいろと考えているとなんだかフワフワと心地よい気持ちになると同時に
切ない感じもしてくるのです。
たぶんもう誰も行くことのない小さな小惑星にその足跡が残っていて、
でもそこにも今こうして過ごしている時間と同じ時が流れているという感じ。

100613_2.gif

はやぶさの帰還も最後に大気圏に突入して燃え尽きるというものでした。
その最後に光り輝くというPCの前で見ていても切なくなる映像でした。
(中継前に流れていた「はやぶさの子守歌」という曲がまた泣ける)

とにかくこの偉業に関わった皆さまお疲れ様でした。 
宇宙の話をしながらの飲み会とかもやりたいですね。 (河)

追記:はやぶさが最後に撮った地球の写真
2010.06.13 23:41 | 日記 | コメント(2) |